[Coda2]バージョン2.02対応のWordPress Syntax Mode for Coda 2を作ってみました。

2012年08月02日 18:15

WordPress Syntax mode for Panic Coda2

今日、Coda2をいじくっていたら、バージョンアップの通知がきました。
バージョン2.02ってやつ。

リリースノート http://panic.com/jp/coda/releasenotes.html
を確認して早速アップデートしました。

ちょうどWordpressのファイルを編集していたのですけど、
アップデートして、Coda2を再起動したら、
ソースのカラーが一色に(汗。

コードのサジェスト機能は動いているから、
そこに問題なさそうなのだけど、
カラーがぶっ飛んでしまって、見づらくなってしまいました。

それで、なんとかできないかと思いまして、
Google先生に聞いてみたのだけど、
リリースしたてのせいか、情報にたどり着けず。

そういったわけで、そういうときは自分でなんとかしてしまおうと
思った訳ですね。できるかは別として。

結果できました。
という訳で修正版をアップしてみました。

PHP-HTML-WP.mode

Coda2を使って、WP構築されている方のお役に少しでもたてればいいのですけど。
というか、元のファイルいじってアップしてるのって、大丈夫かしら(汗。
問題あったらご指摘ください。即刻削除します。

ちなみに、動作の保証はしません。
公式のアップデートを待った方がきっといいはず。
急ぎ、使いたい方は自己責任でお願いします。

いじった内容としては、

WordPress Syntax mode for Panic Coda | A HitchHackers guide through WordPress

にある、WordPress Syntax mode for Panic Codaのカラー設定を調整した、

Fix WordPress Syntax Mode for Coda 2 - Daniel Koskinen

のファイルを元にして、

/Applications/Coda 2.app/Contents/Resources/PHP-HTML.mode/Contents/Resources/SyntaxDefinition.xml

のソースと

~/Library/Application Support/Coda 2/Modes/PHP-HTML-WP.mode/Contents/Resources/SyntaxDefinition.xml

を見比べて、違いありそうなところを
勢いで直してみたら、うまいこと動きました。
(かなりアバウトに作業したので、使う場合はほんと自己責任でお願いします。
ダウンロードしたファイルを起った事象については責任とれませんので、
挑戦する場合は必ず元に戻せるようにバックアップの上、作業してください。)

上記ファイルをダウンロード、解凍の上、

~/Library/Application Support/Coda 2/Modes/

に格納してください。

Coda2を再起動したら、動くはず・・・です。

Coda 2 2.0.1 (¥6,500)App
カテゴリ: 開発ツール, 仕事効率化
販売元: Panic, Inc. - Panic, Inc.(サイズ: 41.1 MB)
全てのバージョンの評価: (80件の評価)

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/mac/20120802181534.html/trackback