ナンテコッタ

2008年06月03日 13:10

BARKS見てたら

カート・コバーンの遺灰、盗まれる

なんて記事を発見!

ひでぇ。

なんてぇ、ふてぇやろーだっ!!

んだどもコートニーの

「彼のもので残ってるのはあれだけだったのよ。彼がそばにいるような気がして、いつも持ち歩いてたのに。もう一度、彼を失ったような気がする」

っていう、コトバに深い愛を感じる…。

とったやつ、頼むから返してあげて。

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

https://blog.pranktone.net/art/music/20080603131018.html/trackback