ReTweetボタンを追加しました。(TweetMeme編)

2009年11月23日 09:44

ずいぶん間が空いてしまったのですけれど、
ReTweetボタンを追加しました。

また、Twitterの話題で恐縮なんですけど。
いい加減、ほかの話題も書きたいのは
やまやまなのですけど、そして、
ネタもちょこちょこあったりはするのですけれど。

まぁ、なかなか書けない現状なのです。

んで、本題。

ReTweetボタンを追加する方法は、何個かあって、
まずはTweetMemeを試してみた。

基本はTweetMeme Helpを参考に(英語です。)
コードを貼り付ければ機能するみたい。

WordPressのプラグインもあったので、
早速搭載してみた。

ダウンロードした、フォルダ一式をwordpressの
プラグインフォルダにアップロードすると
プラグ一覧に「TweetMeme Retweet Button」という項目が
表示されるので、有効に。

するとwordpressの左ツールバーにセッティングボタンが現れるので、
そこから設定をするのです。

主に設定できるのは

  • Position:ボタンの挿入位置を選択できます。
    記事内の前、後ろ、マニュアルの指定ができます。
  • RSS Position:配信しているRSSの記事のボタンの挿入位置が指定できるようです。
    (未確認)
  • Styling:ボタンのスタイルを指定できます。(marginとか)
  • Type:ボタンのサイズを指定できます。フキダシでReTweet数を表示するタイプと、
    横一列で表示するタイプ。
  • Source:ReTweet本文にジブンのユーザー名を入れる設定です。
  • URL Shortner:URL短縮サービスを選択できます。ジブンはBit.ly選択しました。
  • URL Shortener API Key:上記URL短縮サービスのAPIキーを入力します。

※その他項目は未確認。

上記設定を行えば、簡単に実装が可能...、なのか。

ボタンの挿入位置などプラグインの設定で挿入すると
予期しないところに出たりするもんで、
調整がメンドクサクなって、
やめちゃいました。

結果やめたのかよっ!って話ですが、
別の方法で、ReTweetボタンを追加したので、
改めて、書こうかと。

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/web/20091123094454.html/trackback