[Think]Facebookについて思うところ。というか雑感

2012年04月06日 22:30

facebook

もう、完全なる個人の雑感。

このとき、僕はこんなことを考えていたっていう、
未来の自分へのメモ。

そんなに掘り下げてないし、
ほんと意味ないと思うんだけど、
何となくはき出したくなったので、
はき出しておこうっていうだけの駄文。

受動的、SNSなんて割とそういうモノだと思うし、
知り合いだけでつながるって言うんだったらなおさら。

Facebookを運用している側にとっては、
儲けなきゃいけないから、いろいろな施策を
打ってくるのだと思うけど、
果たして一般企業とかが、Facebookをつかって何か。
っていうとそれは話が別だと思っている次第。

Facebookページを充実させて、顧客の入り口を
広げるのは理にかなっていると思うけど、
そこにおもしろいものを載せて客引きってのは
どうも不思議でしょうがなかったりする、個人的に。

Webの入り口ってのはいろいろあるわけで、
Facebook内に偏りすぎちゃうと
ニッチな層(結構広い層になりそうだけど、)にしか広がらないと思うのと
結局「イイネ」を押してもらってなんぼになって、例えば他の検索エンジンから来た人は

Facebookページかー。
(ここでは情報が限られるって意味でね。)っていう風になっちゃうとおもうんだよね(見た目とかで)

よっぽど予算に余裕のある会社とか、
Facebookページで出来ることで
納得できる個人商店や、中小なら
その効果は絶大だろうけど、
ユーザーからの広がりを意図するのだったら、
やっぱり、オフィシャルのサイトに力を入れて、
いいものをつくった方がいいと思うのね。

そこで「イイネ!」って押してもらったら、
Facebook上でも、誰かが広げてくれるし、
GoogleやYahoo!でも検索引っかかってとかの
誘因が出来るわけで。

Webを使っている人の大多数のホームページが
Facebookになったとしても
結局、そこで、あたらしい情報に
どんだけたどりつけるかっていったら、どうにも。

Bingの検索エンジンをつかったところで、
Facebook内しか検索できないんだったら意味なし。
もっと、ポータルで広がりのあるように
検索対象をWeb全体にしたらいいのかな。

ただ、Facebookって既知の知り合いと知り合うことで得る感動はあるけど、
Webだけで新しい人と出会うっていうのが難しい感じがして、
なんともなんとも。

個人的には、Facebookって受動的になりがちになってしまうというか、
あまり能動的に動ける感じがしなくって抵抗がある。
本当に誰かと共有したい情報ってさ、何なんだろうね。

Facebookと連携したBingのハンパない状況! | クラッチ、ソーシャルメディアのハンパない状況

って、その後どうなってるんだろう。
Bingを入り口にするっていうと、
検索エンジンとしての知名度とかをもっと上げていかなきゃだし、
でも、あれかInternetExplorerや、Windowsに最初からのってたら、
みんな使うのか。それでFacebookとMicrosoftが勝ち上がっていくのか。
なんか、それもどうかなー。

ミクシィに迫る、フェイスブックの日本アクティブユーザー数が1千万人超える(IBTimes) - livedoor ニュース

割と最近の話題だと月間アクティブユーザー数が1000万人を超えて、
ミクシィに迫る勢いだとか。
でも、ここで気になるのが、
日本のウェブ利用者のうち10%程度ってところ。
日本人口の10%ではなく、Web人口の10%。
確かにすごい数値なのかもしれなけど、
本当に何かを伝えたいって思うなら、
もっと違う方法も模索するべきだよね、個人じゃなければ。

一つのマーケティング手法として、別にいいんだけど。
Facebookの元々の成り立ちからして、
あんまりお金を収集できような形でスタートしてないから、
Facebookを作っている側もこれから大変なんだろうし、
それを使って、何かをしていく側も大変なんだろうな。

っていう、もう完全なる個人の雑感。

さて、未来の僕はこの文章をそのうち読み返したとして、
どう思うんだろうなー。
きっと、他のサービスとかが立ち上がっていて、
ほんとどうでもいい戯れ言になっているんだろうな。
まぁ、いいか。

Facebook 4.1.1 (無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
販売元: Facebook, Inc. - Facebook, Inc.(サイズ: 11.0 MB)
全てのバージョンの評価: (15,688件の評価)

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/think/20120406223000.html/trackback