[Mac]ランチャーアプリ「Alfred」を入れてみた。

2012年04月01日 23:30

Alfred

最近、名前をよく聞くので、
試しにインストールしてみました。

「Alfred」。

オプションキー + スペースキーで、
ウィンドウが立ち上がり、
任意のテキストを入力すると、
アプリケーションなどなどを検索して、
リスト表示してくれます。

Alfred

■目次

  1. 環境設定>General
  2. 環境設定>Fetures
  3. 環境設定>Appearance
    ※上記以外の項目については自分的に特筆すべきところがなかったので、説明省いてあります(汗。
  4. 使用してみた雑感

環境設定>General

Mac起動時にAlfredを起動するかのチェックや、
ホットキーの設定の変更が可能です。
ちなみにアップデートの項目のところは
AppStoreからダウンロードしたので、
アップロードはAppStoreからっ!みたいな文言が書いてありました。

Alfred

環境設定>Fearures

検索対象や、ファイルの表示などの
細かい設定が可能です。
ブックマークど初期設定でチェックが入っているモノから、
パス選択でディレクトリの指定も可能なようです。

Alfred

Web検索の設定なども細かく設定出来るようなので、
設定をちゃんとしたら重宝しそうな予感がします。

Alfred

環境設定>Appearance

テーマの選択が可能です。
3種類の中から好きなモノを選べます。

Alfred

上記は「Lion」というテーマ。

Alfred
「Light」

Alfred
「Dark」

使用してみた雑感

わりと細々と設定が可能なので、
カスタムしていくと使い勝手が上がってきそうです。
魅力はキーを入力してから、「Enterキー」、
それ以下に続く検索候補を「コマンドキー + 数字キー」で
選択できるところがよいと思います。

あとは、Web検索にAmazonなどの検索設定が
出来るのもおそらく魅力の一つと思います。

ただ、使用してみて、かなり使いやすいだろうことは
分かったのですけど、自分はSpotlightで間に合ってるっていう
感想に落ち着きました。

デザインもシンプル、テーマも3種類から選べて、
しかも無料なので、入れておいたら、起動したときに
すこしテンション上がりそうな気はしますが、
あえて、インストールするかと言われると、
ちょっと悩みます。

ランチャーアプリとしてはよく出来ているので、
デザインなどが気に入ったら、インストールしてもよいのではないかと思います。

という雑感でした。
ではでは。

Alfred 1.0 (無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Running with Crayons Ltd - Running with Crayons Ltd(サイズ: 1.6 MB)
全てのバージョンの評価: (106件の評価)

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/mac/20120401233011.html/trackback