[Mac]SafariにColor Picker機能を搭載するべく、COLORSを入れた。

2012年03月20日 19:00

最近、メインブラウザにSafariを使っています。
昔、なんとなしに使っていたときよりかは
格段に便利になっていて、拡張機能なんかも
揃ってきて、そこそこ満足しているわけなのだけど。

以前、FirefoxやChromeを使っていて、
制作時に結構な頻度で使っていた拡張機能で
「Colorzilla」というColorPickerがあったのですが、
Safariの拡張機能としてはリリースされていないらしく、
困ったもんだとアタマを抱えていました。

そこで出てきました、

Colors
「COLORS」

コレ、拡張機能ではなく、
アプリケーションとして、
インストールするので、
Safariを起動していなくても使えます。

ダウンロードは以下ページのCOLORSから。

matt patenaude : developer

※App Storeにも同名のアプリがありますが、そちらとは異なるので要注意!

ダウンロードしたらアプリケーションフォルダに、格納。
起動してみると、フローティングウィンドウで、
Pickerウィンドウが表示されます。

Colors

  1. 虫眼鏡アイコン・・・クリックするとカーソルが虫眼鏡に変わり、任意の場所の色をとれます。
  2. カラーパレット・・・取得した色が表示されます。クリックするとMacのカラーパネルが表示されます。
  3. 取得形式選択・・・#rrggbb,rgb(r,g,b)などの形式選択がプルダウンで行えます。
    Colors
  4. コピー・・・取得形式で選択した値をクリップボードにコピーします。
  5. インプット・・・任意の値を入力することで、カラーパレットで色の確認が行えます。
  6. 設定・・・取得形式の選択がポップアップで行えます。(あんまり意味無いような・・・。)

Colors

色を取得したいときにColors.appを起動して、
虫眼鏡アイコンをクリックすることで、
Colorzillaと同じようなことができるので、
制作時にかなり役に立ちそうです。
ブラウザを問わずに取得可能だし、で。

上記と同じようなソフトで、

Developer Color Picker

というアプリケーションもあります。
こちらはMacのカラーパレットに機能を追加する形になるので、
単独の使用はできません。がご紹介まで。
インストールは

/Users/(ユーザー名)/Library
※ユーザー限定で使用する場合

/Library
※ユーザーに限らず、使用しているPCとして使用する場合

にダウンロードした

DeveloperColorPicker.colorPicker

を格納。

何かのアプリケーション内で、カラーパレットを使用できる場合は
Developer Color Pickerを。
ただ、COLORSの方がアプリケーションとして独立しているので、
使いやすい気がします。

App Storeで見てみると、ColorChooserというアプリも
あって、そちらはメニューに常駐できるようなので、
今回使用したCOLORSよりもさらに使いやすそう。
ただ、有料アプリなので、要検討。

ってか、Safariにこだわらないなら、FirefoxやChromeで
ピックアップすればいい話だしなので、
しばらくは、COLORSで運用してみて考えるってことで。

一応、ColorChooserのリンクも下記。

ColorChooser 1.0.5 (¥350)App
カテゴリ: 開発ツール, グラフィック&デザイン
販売元: Pairote Leelaphattarakij - Pairote Leelaphattarakij(サイズ: 0.5 MB)
全てのバージョンの評価: (7件の評価)

以上、最終的にはMacにColor Picker機能を追加するという内容になってしまいました。
ではでは。

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/mac/20120320190037.html/trackback