Windows live writer[導入編]

2010年01月21日 08:51

最近、ブログの投稿にWindows live writer
使用してみることにしました。

OSがMACなら評判のいい

ecto

を使ってみたいところなんですけど、
最近はめっきりWindowsメインなので、
何かいいブログエディタはないものかと探しておりまして、

Windows Live Writer

落ち着きました。

特にマイクロソフト社の製品になれているかと
いわれるとそうでもないんですけど、
まぁ、決め手はいつだってなんとなくです。

プラグインもちらほらと出ているようなので、
これから使い勝手向上計画進行中です。

導入に当たって、以下のサイトさんを参考にさせていただきました。

参考:
空想具現化プログラミングさま :
Windows Live Writerってどうよ?
ネットスクランダーさま :
ブログ楽々更新ソフト「Windows Live Writer Portable」を使ってみる

インストール→設定を空想具現化プログラミングさまを参考に設定。
こちらはなんなく設定完了。

それで、アプリケーションをどうにか持ち歩けないかってことで
ポータブル版ないのかと思って探していたら、ネットスクランダーさまの
記事を見つけまして、早速試してみました。

最近はインストールしないで動くものは、
USBメモリでもなく、

Dropbox

をつかってデスクトップとノート共用で使用してます。
設定をいちいちそれぞれでやるのがメンドクサイのと
できれば、荷物も減らしたい。まぁ、そんな旅に出ることもないのだけれども。

Dropboxなら基本ローカルにデータを持っているので、
ネットが使えないからといってアプリケーション使えないってこともないので、
かなり便利です。

そんなわけで、Windows Live Writer Portableの導入が決まりました。

設定もなんなくうまくいくかと思われていたのですが、
デスクトップがWindows XP、ノートがVistaということも
あってなのか、なんなのか。
アプリケーション起動毎になぜか初期設定を必ず入れなくては
いけない状態に。ちょっと原因は調べ切れてないですけれども。

そんなんじゃ、やってられるかってな話になりまして、
試行錯誤した結果、Windows Live Writer Portable
バージョンをひとつ落とすことで解決っ!

リンクは最新のVersion 3になっておりますが、
現在使用しているのはVirsion 2です。

OSの違いの問題なのか、
通常使い方の想定されてないDropboxでの
使用がいけなかったのか。
謎は深まる一方ではありますが、
とりあえず使えるようになったので、
まぁいいかと、何の気なしにその気になって、終わったのでした。

ちなみに余談なのだけれでも
最近ブラウザはGoogle Chromeをメインで使っていて、
Dropboxで設定とか、もろもろを同期しております。
もしやってみたいということであれば、
下記を参考にするとよいかもしれないです。

happymemeさま : DropBoxを使ってGoogle Chromeの設定を同期する

ブラウザ以外にもいろいろ可能性があるかもしれませんね。

てなわけで、Windows Live Writerのプラグイン探しの旅に出ます。

コメント&トラックバック

この記事にはまだコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか?

この記事に対するコメントを残す





この記事のトラックバックURL

http://blog.pranktone.net/life/20100121085157.html/trackback